2K9A2811
怖い話は続きを読むに。
 
血まみれの女

これは、姉が高校生の時に体験した話。
夕方のHRがなかなか始まらなく
クラスメイトが雑談などして先生を待ってる中
姉は机に寝そべってぼんやりしていた。

と、急に何かの気配を感じ顔を上げると
そこには見たことも無い血まみれの女が立っていた。
びっくりして言葉を失っていると友だちに
「どうしたの?」
と声をかけられ今見たことを話そうと女が居た場所に
目を向けると跡形もなく、いなくなっていた。

実際そんな人が居たらクラス中パニックになってるだろうし
絶対にあり得ないことなので、半信半疑のまま友だちに
今血まみれの女の人が立ってたと説明した。

友だちは半分面白がって怖がっていたのだけどその後
先生がやってきて踏切事故で列車が遅れると言う。
どうやら女性が運転する車が踏みきりで立ち往生して
列車にぶつかったようだった。

その頃は携帯電話を持っている時代でもないし
今さっき起こった事故のニュースを知るよしがなかった。

姉が見たのはその時の女だったのか。
びっくりした姉が事故が起こった時間を先生に聞いたら
丁度姉が見た時間と一致するらしい。

だとしたら何故姉の前に女が現れたのか。
まったく縁もゆかりもないというのに。

ちなみに一番怖がったのが姉ではなく友だちだった。ww